キャラクター紹介

主人公とその仲間

正男
正男
この物語の主人公。16歳。
人一倍熱い性格で、最近は自分から「熱血漢」と名乗ることもあるが、
たまに冷静な一面も見せる。
ある日、たまたまテレビで見たニュースでビーチ姫クッバにさらわれたことを知り、姫を救うことを決意する。
その後、ビーチ姫の護衛である、キノヒオから炎の指輪をもらい、
「スマッシュパンチ」を取得し、ゲーム中で使えるようになった。
誰に対しても基本敬語はめったに使わない。
珍しいものを見かけたらすぐ金に換算する癖がある。
悪男とは同じ学校を卒業したらしい。しかし、忘れてしまっている。
浩二という双子の弟がいる。
浩二
浩二
正男の双子の弟。16歳。
普段は面倒くさがり屋の性格で、問題ごとには比較的消極的。
だが、兄である正男からの頼みには必要に応じて協力する。
冷静な性格で、物事を見てから判断するタイプ。(正男は物事に突っ込むタイプ)
正男で話がつかない時は、大抵浩二が話しをつける。
スーパー浩二での浩二と基本的な性格は同じだが、こちらの方は属性技は使えない。
要するにただの人間。
キノヒオ
キノヒオ
ビーチ姫の護衛。物語中でまともな職業についているは多分キノヒオだけ。
姫の護衛でありながら姫を護れなかったことを悔やみ、
誰よりもビーチ姫にかける思いは熱い。
ビーチ姫がさらわれた後、正男と浩二がビーチ姫を助けに行こうとしているところを発見、その後正男たちと行動を共にするようになる。
基本的に誰に対しても敬語である。
正男達の中で唯一地図を持っている。
ちなみにキノコのような頭は、実は帽子。
しかし、外したところを誰も見たことがないので詳細は不明。
カルラ
カルラ
クッバの直接支配下における地域でクッバに対し抵抗している組織、
「レジスタンス」のメンバーの1人。16歳。
正男たちがビーチ姫を助けるためにクッバ城に行くことを知り、正男たちに協力した。それにはある理由があるようだ。
ドット絵だと分かりづらいが、髪型はポニーテールでなくツインテールである。
大型車を所有しており、その車はなんとジャンプができたり前方の壊せそうな障害物を壊せたりするという超性能をもつ。

レジスタンス

リオン
リオン
カルラの弟。
クッバ城に監禁されている。
ヤマヴィル
ヤマヴィル
抵抗組織「レジスタンス」のボス。
部外者に対しては厳しいが、身内に対しては優しい。
シュタイン博士
シュタイン博士
「レジスタンス」に所属する科学者。
いわゆるマッドサイエンティストである。
また、レジスタンスのアジトの設計も彼が行った。
アミオ
アミオ
「レジスタンス」メンバーの一人。
裏切りを憎んでいる。
セリア
セリア
「レジスタンス」メンバーの一人。
どんな状況でも冷静。
ロジャー
ロジャー
「レジスタンス」メンバーの一人。
正男たちの前に突如現れたがその正体は…

キノコランド王室

ビーチ姫
ビーチ姫
キノコランドのお姫様。
クッバによってさらわれた。

クッバとその家来

クッバ
クッバ
キノコランドの王女、「ビーチ姫」をさらった張本人。
キノコランドに勝手に建てた城、クッバ城に住んでいる。噂ではクッバ城に行った人はだれも帰ってこないとか。
悪男などの数々の部下を持つ。
実力は不明。
ルキア
ルキア
「クッバ四天王」の一人。好きな飲み物はカフェオレ。
高飛車な性格で、自分の思い通りにならないと気が済まない。
どうやらブラックギアを配下においているようだ。
雷属性を使用した拳法を使う。
アクガル
アクガル
「クッバ四天王」の一人。古風なしゃべり方をする。
「魂の狩人」と呼ばれ、「ソウル・アブソービング」という魔法で
これまでに多くの魂を集めてきた。
クロード
クロード
「クッバ四天王」の一人であり、クッバの直属の側近でもある。
トランプを使用して相手を苦しめる。
悪男 悪男
悪男
クッバの家来。16歳。クッバのことを尊敬し、「クッバ様」と呼んでいる。
正男とは旧知の仲で同じ学校の同じクラスを卒業したらしく、正男に対しライバル心を抱いている。しかし、正男には忘れられていた。
魔法能力に長けていて、「次元移動の魔法」、「時空操作の技」を使用する。正男たちは「次元移動の魔法」でタワー・オブ・ラビリンスに飛ばされたり、 「時空操作の技」で過去に飛ばされたりと、散々な目に合った。
悪男が創り出した世界にあるタワー・オブ・ラビリンスには何故かショップがあったり、コインがあったりと正男たちに少し手加減している様子。
なんだかんだ言って憎めない性格。
デザット砂漠にて自身の開発したロボットで正男に決闘を挑んだが、
正男に敗れ、修行の旅に出る決意をした。
ブラックギア
ブラックギア
正確にはルキアの部下でありクッバの家来ではない。
忍者のような恰好をしており、狙った獲物は逃がさない。
無駄な殺生はあまり好まない。
左腕に取り付けている装置から手裏剣を投げることなく自動で発射することができる。

その他

ボスダーク
ボスダーク
ダークマリリ族の長。
ダークマリリ族はボスダークを群れのボスとし、行動する。
ある理由により人間を敵視し、地下通路を自分たちだけのものにしていたが、
正男と勝負し、敗れた後和解する。
正男たちはその後地下通路についての歴史を聞かされることになる。
正男の先祖
正男の先祖
正男の先祖。正男に似た格好をしている。
しかしその正体は謎。正男の夢に現れた。